精油のブレンディングのコツ

精油のブレンディングのコツ。って何ですか?
どうしたら上手なブレンドができますか?

というご質問を頂く事は多いです。

ブレンドも目的によって大切なことが変わります。

主に施術や手作り化粧品などのためのブレンドは香りだけでなく、お肌への刺激も考える必要があります。

その場の香りを楽しむためのブレンドと違って、香水とかフレグランスとして長く楽しむブレンドは香りの変化にも気を配る必要があります。

 

 

ブレンディングのコツというかブレンドに役立った経験としては・・・
IFAスクール時代
精油の香りの変化確認する課題がありました。

1種類の精油を数滴ムェットに垂らして、直後、30分後、1時間後、2時間後、3時間後、6時間後、12時間後、24時間後、など香りがどう変化するかチェックします。

変化していく香りを言葉で表現するのは、ブレンディングや接客で香りを伝える際にかなり役立った記憶があります。

3〜4本の精油を用意してブレンド比率を変えてブレンドして、比率によって香りがどう変化するのかを確認するのも楽しいです。
私は、あまり得意では無かったペパーミントやイランイランがこの実験で、良い香りに感じる比率に気付けて嬉しかったです。

 

 

絶対合わない、合わせたらダメだろうって香りの精油2本に
あと1本。
何を足したら良い香りになる??

というチャレンジも、意外な香りの可能性が学べて一時期ハマってやってました。

3〜6人で集まって他の人のブレンド比較する香りのシェア会もオススメです!
テーマを決めて、各自、20本ぐらいの精油から3本選んで、12滴ブレンドします。
テーマは同じでも、人によって選ぶ精油が、ブレンド比率が、全然ちがうのです。

 

 

精油の香りは組み合わせや濃度、時間の変化で意外な表情を見せます。
今までやったことのない組み合わせをどれだけ試してみるか。
という経験を沢山積むのが、ブレンディング力をあげるコツです!!